前立腺マッサージと直腸診(直腸指診)

前立腺マッサージと直腸診(直腸指診)は基本的にはまったく同じ動作です。

直腸診(直腸指診)は前立腺に異常がないかを調べるためのものです。

まず、患者は仰向けになって足を開くか、ひざをかかえます。

次に医師が指に手袋をはめ、ローションを塗って指を肛門から直腸に入れます。

そして直腸壁をへだてて前立腺を触診するわけです。

指を入れるときにヒヤッとしますが、特別な痛みはまったくありません。

この検査では、前立腺の大きさ、形、表面のようす、弾力、押さえた時の痛みの有無を調べます。

前立腺肥大症の場合は大きさや弾力が違います。

前立腺がんの場合は、異常に硬かったり、表面が凸凹した感触があります。

前立腺マッサージとは

前立腺マッサージとは、肛門から指を入れて、直腸壁の上から、前立腺を直接マッサージする方法です。

まず、肛門にローションを塗り、指の奥まで肛門に挿入します。

次に、第一関節を曲げ、直腸壁を押してみると、コリコリした感触があります。

それが前立腺です。

そこをマッサージするのですが、このとき、性行為とは比べものにならないぐらいの強い性的快感があります。

しかも射精を伴わないので、何度も快感を得ることができます。

そのため、風俗店で同様のサービスを行うところがあるようですが、それは医療行為とはまったく異なるものですから、あくまで自己責任であるということを忘れないでください。
ホームページ制作ホームページ製作・WEB制作
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。