前立腺肥大症とはカテゴリの記事一覧

前立腺肥大症は良性の腫瘍

前立腺肥大症は良性の腫瘍です。

悪性腫瘍であるガンのように周りに広がったり転移することはありません。

命にも別状ありませんので怖れることはありません。

前立腺肥大症は、前立腺が肥大することが問題なのではなく、肥大した部分が尿道を圧迫することが問題なのです。

そのまま放置すると、尿閉を起こしたり、腎臓や膀胱に悪い影響を与えますので、早めに治療しましょう。

適切な治療さえすれば、必ず良くなる病気です。

前立腺肥大症とは

前立腺肥大症とは、前立腺の「transition zone」と呼ばれる部分が肥大するもので、原因はよく分かっていません。

去勢された男性が発症しないことから、おそらく男性ホルモンが関与しているのだろうと考えられています。

前立腺肥大症は年齢と深い関係があり、40歳から50歳代で症状が出始め、60歳で60%、80歳代で80%がかかると言われています。

前立腺の肥大は癌のような悪性の腫瘍ではなく良性の増殖ですから、命にかかわるようなものではありません。

ただ、そのまま放っておくと、ひどい場合には尿閉といって、尿が出なくなりますので、正しい処置が必要になります。
ホームページ制作ホームページ製作・WEB制作
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。