前立腺マッサージと直腸診(直腸指診)

前立腺マッサージと直腸診(直腸指診)は基本的にはまったく同じ動作です。

直腸診(直腸指診)は前立腺に異常がないかを調べるためのものです。

まず、患者は仰向けになって足を開くか、ひざをかかえます。

次に医師が指に手袋をはめ、ローションを塗って指を肛門から直腸に入れます。

そして直腸壁をへだてて前立腺を触診するわけです。

指を入れるときにヒヤッとしますが、特別な痛みはまったくありません。

この検査では、前立腺の大きさ、形、表面のようす、弾力、押さえた時の痛みの有無を調べます。

前立腺肥大症の場合は大きさや弾力が違います。

前立腺がんの場合は、異常に硬かったり、表面が凸凹した感触があります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45937005

この記事へのトラックバック

祝!ど-てい卒業しました!
Excerpt: 西川先生みたいな女の人に37マモナ買ってもらえました! 
Weblog: けいた
Tracked: 2007-07-01 09:07

身体を潤すアンチエイジングな「基本の食事法」
Excerpt: 身体の乾燥を食い止めて老化を防ぐアンチエイジングのためには「腎」への血流を増やして、排泄力を高めること。そのためには「ニンジン・リンゴ・塩ジュース」や「生姜紅茶」などの「不老飲料」のほか、老化を止める..
Weblog: ブログでアンチエイジング
Tracked: 2007-11-30 22:49
ホームページ制作ホームページ製作・WEB制作
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。