経尿道的前立腺切除術(TURP)

経尿道的前立腺切除術(TURP)は前立腺肥大症の手術のうち、もっとも代表的なものです。

TUR(Trans Urethral Resection)、あるいは前立腺の意味であるP(Prostate)を付けてTURPと呼ばれることもあります。

TURPは、直径8ミリ程度の筒状の機械を尿道から挿入し、内視鏡で中の様子を確認しながら、肥大した部分を電気メスで切り取ります。

性機能の低下など後遺症もほとんどなく、開腹手術とは違って、体にかかる負担が小さいので、高齢者でも安全に受けることができます。

ただし、次のような人はTURPを受けることができません。

■尿道が狭くて、切除鏡が挿入できない人
■前立腺肥大の程度が大きすぎる人
■合併症があって、手術が困難な人
■全身の状態が悪い人
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

四日で50マン(笑)
Excerpt: オタクのドウテイキャラのフリして入ったら、やりまくりのもうけまくり(笑)
Weblog: 林田
Tracked: 2007-06-02 14:30
ホームページ制作ホームページ製作・WEB制作
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。