前立腺肥大症とは

前立腺肥大症とは、前立腺の「transition zone」と呼ばれる部分が肥大するもので、原因はよく分かっていません。

去勢された男性が発症しないことから、おそらく男性ホルモンが関与しているのだろうと考えられています。

前立腺肥大症は年齢と深い関係があり、40歳から50歳代で症状が出始め、60歳で60%、80歳代で80%がかかると言われています。

前立腺の肥大は癌のような悪性の腫瘍ではなく良性の増殖ですから、命にかかわるようなものではありません。

ただ、そのまま放っておくと、ひどい場合には尿閉といって、尿が出なくなりますので、正しい処置が必要になります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42839648

この記事へのトラックバック

四日で50マン(笑)
Excerpt: オタクのドウテイキャラのフリして入ったら、やりまくりのもうけまくり(笑)
Weblog: 林田
Tracked: 2007-06-04 06:07
ホームページ制作ホームページ製作・WEB制作
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。